• トップ /
  • 自動車を安全に乗るのが義務です

危険な自動車の運転方法

自動車を安全に乗るのが義務です

自動車は乗り方が大切です

自分の思い通りに動かせる自動車は便利な乗り物ですが、危険と隣り合わせな乗り物です。危険という言葉を使いますと大げさに感じる人もいますが、自動車に関連した死亡事故が起きていることを考えますと決して大げさではないことを理解していただけるはずです。「乗り方が大切」というときの「乗り方」とは、運転している人にとっては「運転技術」のことですし、同乗している人や自動車の周りの通行人にとっては「運転マナー」のことを指しています。まず「運転技術に」ついて言いますと、乱暴な運転をしないことがとても大切です。例えば、車間距離を取ることですし、急発進や急停止をしないことです。乱暴な運転は事故を起こす確率を高くします。次に、同乗者や周りの通行人に対する「乗り方」ですが、これは「優しい運転」をすることに尽きます。つまり、同乗者や通行人に配慮して運転することの大切さです。例えば、横断歩道では歩行者を優先させたり狭い道路ではゆっくり走ることなどが大切です。このように安全運転することが危険を減らすことにつながり、それが最終的には事故を行さないことになります。事故を起こしますと、被害者にも辛い思いをさせますが、自分自身も苦しい思いをすることになります。自動車は安全に運転してこそ自動車のメリットを享受することができます。

バックナンバー

自動車の必須情報

↑PAGE TOP